ほんのり明るい

日常に、ちょっといいこと見つけよう。影があるから光があるよ。

なぜ都立高校を選ぶのか

先日、子どもが通っている公立中学校の先生から
「うちの中学校では、進学先に都立高校を選ぶ率が高い。前任校(他区)では私立の方が多かったのだけれど」
という話を聞きました。

ちなみに、先生の前任校も今の中学校も、家庭の経済的レベルは似たり寄ったりと思われます。

仮に、こちらの方が経済的レベルが高いとすれば、小中学校から私立に通わせているから、とも考えられますが、この地域ではもしかしたら、

 ・公立に失望していない(むしろ満足している)

ということかも、と思います。

我が家の経験では、公立の小中学校でのびのびと過ごした間、友人関係や学習環境など「この学校(自治体)でよかった!」と思うことがたびたびありました。

ちなみに、中学校の卒業生には、都立高校を経て東大を含む国立大、医大、トップクラスの私大に進んだお子さんがごろごろいます。
公立中学校も都立高校も(地域や学校の選び方は重要かもしれませんが)、学習面から見ても悪くないのです。

これまでに合わないと感じる先生は何人かいましたが、これは公立に限った話ではないと思うので、公立を避けようという意識にはつながらず。

そんなわけで、公立満足組のうちの子どもは都立高校が第一志望です。数日後には入学試験ですが、たぶん楽しい3年間の始まりになると思います。