ほんのり明るい

日常に、ちょっといいこと見つけよう。影があるから光があるよ。

迷える受験生の救い主

今週のお題「受験」

いま東京は大雪ですが、私が大学受験のために初めて上京した日もかなりの雪でした。
新幹線は大幅に遅れ、宿泊予定の町に着いた時にはすでに暗くなっていました。なんとか宿にたどりつかなくちゃ!泊まる場所は駅から少し離れていましたが、歩いてゆける距離でした。

さて、私は筋金入りの方向音痴です。
今ならスマホでグーグル先生を呼び出して案内してもらうところですが、当時はそんな素敵なものはありません。紙の地図を見ながら、歩いても歩いても目的地にはたどりつけず。
困ったなぁ…。暗いし、雪だし、寒いし、どうしよう。
携帯電話もコンビニもない時代ですから実家に電話をかける手段もないのです。
途方に暮れつつ歩き回っていたら、酒屋さんがありました。そうだ、地元のお店の人なら、道を知ってるはず!
お店に入って「道を教えていただけますか」と事情を話したところ「えー、全然違う方角だよ!?」とびっくりされ、おばさんが「ここから歩ける距離じゃないよ!送ってあげないと」と言えば、おじさんがトラックを出してくれたのでした。(どうやら私は駅の反対側に出てしまっていたようです。)

見ず知らずの受験生を温かく宿まで送ってくださったあのときの酒屋さん、本当にありがとうございました。
おかげさまで私はめでたく大学受験をクリアして、卒業後も故郷に帰ることなく今に至っております。

受験の話となると、勉強や試験のことよりも、あの親切な酒屋さんのことを思い出すのです。