ほんのり明るい

日常に、ちょっといいこと見つけよう。影があるから光があるよ。

シルバーシートだと座れないけれど

ちょっと混んでいる電車に、お年寄りが乗ってきました。シルバーシートに向かいますが、席はすでに埋まっていて座れません。

そんなとき、シルバーシートじゃない方へ来てくれたらいいのになあ、と思います。

シルバーシートに座っているのは席を必要としている人たちですから、譲ることは難しいと思います(たまに、高齢者がさらに高齢の方に譲っている姿も見ますが)。また、混んでいるにもかかわらず、座らなくても支障のない人が混じっているとすれば、彼らはお年寄りが来たところで席を譲ることはないでしょう。

私はたいてい普通席の方にいますが、座っている時にお年寄りやマタニティマークやヘルプマークの方を見かけたら、なるべく譲ります。若い人でも結構サッと立ってくれたりするので、「譲る人」はそんなに珍しい存在でもないように感じます。

いまの私は、座らなくても支障がない健康状態ですが、譲ってもらっていた時期もありますし、いずれは高齢者になるでしょう。長い目で見たら「お互いさま」。シルバーシートなんか不要になって、譲ったり譲られたりできる世の中だといいのにね。