ほんのり明るい

日常に、ちょっといいこと見つけよう。影があるから光があるよ。

マストドンを始めてみた感想など

このところ、マストドン関連の話題がやたらと目につくようになりました。
Twitterと何が違うんだろうかと思いつつ、とりあえす触ってみることにしましたが、まず「インスタンス」がよくわからない。あちこちのまとめ記事など読んで、「村のようなもの」「小さいTwitterかたくさんあるみたいな」といったイメージを何となくつかみました。

インスタンスの運営者は個人だったり企業だったり。大学などでは、参加者を限定したインスタンスを作っているところもあるようですね。
アカウントを作るにはメールアドレスも使うので、信用に足るかどうかの判断が必要だと思いました。で、手始めに私が選んだのはmstdn.jpです。個人運営ですが、規模か大きいし、運営者の顔が見えるので大丈夫だろうと。

使ってみた第一印象は「思ってたのと違う」でした!ローカルタイムライン(mstdn.jp登録者だけのトゥート)でさえガンガン流れてゆき、読む余裕もないほど。これはアプリを入れることで解決しましたが、流れてくる発言が下ネタだらけ…。インスタンス選びを間違えたかな?
今のところ、フォローしたい人もなかなか見つからないので、誰かと交流するというよりも、独り言をつぶやく場として使っています。Twitterのように話しかけられることがないのは、かえって気楽ではあります。

この先、使い方を変えるかもしれないし、別のインスタンスに登録するかもしれません。私にとってマストドンはまだまだ未知の世界です。