ほんのり明るい

日常に、ちょっといいこと見つけよう。影があるから光があるよ。

激安の美容室に行ってみた

1000円カットはすっかり一般的ですが、最近はカラーリングまでしてくれる激安の美容室も増えているようです。
十年ほど前には、子連れでよく1000円カットのお世話になったものです。予約がいらず、親子一緒に短時間で終わるので助かっていました。その後は白髪染めが必須になり、子供が大きくなって時間の余裕もできたので、普通のサロンへ。インテリアは凝っているし、美容師さんはおしゃれで話し上手だし、カラーリングの待ち時間にはコーヒーとチョコレートが出てきたりします。料金はカットとカラーリングとトリートメントで13000円~15000円くらい。

快適ではあるけれど、毎月のことだしもう少し節約したいな、と思っていた矢先、わりと近くに激安のお店を見つけたのでした。カットとカラーリングで3500円でお釣りがきます。これは…お財布の面からは大変魅力的です。で、行ってみました。

予約は不要でした。スタンプカードにカラー剤の色を書き込むだけで、顧客管理の手間を省いているようです。
内装は簡素ですが、シンプルなのも悪くない。
施術は手早いです。客単価が安い分、回転を上げる必要がありますから当然でしょうが、これは個人的にはありがたいです。
ここまでは想像どおりでしたが、びっくりしたのは、シャンプー後のドライがセルフだったこと!確かに、自分で何とかなる部分ではあります。
こんなふうにして、コストを下げているのですね。

肝心の仕上がりはというと、ちゃんと注文どおりでした。1000円カットでも同様ですが、数をこなしているだけにカットに熟練している美容師さんも多いように思います。カラーも特に問題ないし、料金を考えたら上々と言えそうです。
一つだけ気になったのは、ドライのコーナーに置いてあったヘアブラシに、髪の毛が結構付いていたこと。気持ち悪かったので触らずに、ドライヤーだけでなんとかしました。

デメリットは少なかったので、私はリピートするでしょう。月に1万円の節約はうれしいのですが、こうして世の中のデフレは続いてゆくのだなぁと、少々後ろめたい気持ちにもなったりしています。