ほんのり明るい

日常に、ちょっといいこと見つけよう。影があるから光があるよ。

翻訳しましょう

「どうせ私の希望なんて聞いてもらえないんですよね!」と怒っている人はつまり、「話を聞いてほしい」と言っているのですよね。

糸をほぐすように、何を求めているのかを聞き出しました。なーんだ、そういうことだったのね。できると思いますよ。だけど、それをシステムに実装してくれる人に伝えるには、もうちょっと整理しないとね。

それから情報をまとめて、実務担当者への仕様書みたいなものを作りました。


ぷんぷん怒っているだけでは、何も変えられませんからねぇ。意図を理解して次の段階へとつなげるためにはどうするか、相手のレベルや状況に合わせて、まるで翻訳のような作業をしています。