読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのり明るい

日常に、ちょっといいこと見つけよう。影があるから光があるよ。

あらせいとう

f:id:tamana50:20170313001809j:plain
あらせいとう。
束ねないで、花器にざっくり放り込んであります。

教科書に載っていた、新川和江さんの「私を束ねないで」という詩が好きでした。
始まりの部分は、これです。

私を束ねないで
あらせいとうの花のように
白い葱のように

あらせいとう、という花はその詩で知ったのですが、ストックと呼ばれることの方が多いようです。

菜の花の仲間で、香りも菜の花に似ているので、食べてしまいたくなるのでした。食べないけど。
そういえば、写真のあらせいとうは、スーパーの野菜売り場の隅っこで、バケツに入れて売られていたものです。