ほんのり明るい

日常に、ちょっといいこと見つけよう。影があるから光があるよ。

ピンクのお湯の中で考えたこと

気温が高い時期はたいていシャワーだけで済ませるのですが、疲れが溜まるとゆったり湯舟につかりたく。ぬるめがいいな、と40度に設定して、いただきもののかわいい入浴剤を使ってみました。
粉末の色が濃いピンクでびびったものの、花の香りが上品で、ほーっと心身がゆるみます。うん、良い感じ!

私は強くなりたくて、こういう「女の子が好きそうなもの」を避けて通ってきた感がありますが、心地よいものは使えばいいのですよね。フェミニンなものを避ける時点で、逆にジェンダーにとらわれているとも言えます。
だんだんそういうこだわりを捨てて、気持ちがいい、好ましい、と感じるものを選べるようになってきました。年を重ねるのも悪くないですね。

クナイプ・ジャパン クナイプバスソルト ローズ&カメリア 600g

クナイプ・ジャパン クナイプバスソルト ローズ&カメリア 600g

てくてくアジサイ巡り

f:id:tamana50:20170616010420j:plain
今週のお題「晴れたらやりたいこと」

アジサイは梅雨の時期に咲くせいか、雨のイメージです。カタツムリもセットでね。

でも、晴れた日のアジサイもなかなか良いものです。漢字で書いたら「紫陽花」、ほら、名前にもちゃんと太陽が入っています。晴れた日だと、微妙な色の違いもわかって楽しいです。

晴れたら、てくてく歩いてアジサイ巡り。
意外とあちこちに植えてありますが、花の時季でないとなかなか気付かないものですね。葉っぱは大きめだし、こんもりしたボリュームのある株も多く、どうして今までこのアジサイを知らなかったのだろう、と思うこともあります。

だーけーど ちっちゃいから…?

今週のお題「家飲み」。

童謡に登場する「さっちゃん」は、バナナが大好きなのに、小さいから半分しか食べられないのですよね。

私はビールが大好きですが、大きくなって(体格じゃなくて年齢ですよ)、1~2缶いけてたビールが家では半分しか飲めなくなってしまいました。
バナナは1本食べられるけど。

もともとお酒に強くなかったとはいえ、たまの晩酌にビール1缶を家人と分けあって飲むという、かわいいことになっております。

最近飲んでおいしかったのはこれです。缶より少な目の瓶。

シルバーシートだと座れないけれど

ちょっと混んでいる電車に、お年寄りが乗ってきました。シルバーシートに向かいますが、席はすでに埋まっていて座れません。

そんなとき、シルバーシートじゃない方へ来てくれたらいいのになあ、と思います。

シルバーシートに座っているのは席を必要としている人たちですから、譲ることは難しいと思います(たまに、高齢者がさらに高齢の方に譲っている姿も見ますが)。また、混んでいるにもかかわらず、座らなくても支障のない人が混じっているとすれば、彼らはお年寄りが来たところで席を譲ることはないでしょう。

私はたいてい普通席の方にいますが、座っている時にお年寄りやマタニティマークやヘルプマークの方を見かけたら、なるべく譲ります。若い人でも結構サッと立ってくれたりするので、「譲る人」はそんなに珍しい存在でもないように感じます。

いまの私は、座らなくても支障がない健康状態ですが、譲ってもらっていた時期もありますし、いずれは高齢者になるでしょう。長い目で見たら「お互いさま」。シルバーシートなんか不要になって、譲ったり譲られたりできる世の中だといいのにね。

マトモじゃない、という自覚

調子が悪いなぁと思っていたら、天気が崩れてきました。
丸まって寝ていたいけど、そうもいきません(勤め人ですからね)。職場では目の前のことをひとつずつ片付けていますが、普段より効率が悪くてなかなか進みません。

しかも今は繁忙期。あれまだですか?と部下に催促されたり、やっておきましょうか?と気遣われたり、すっかりダメな人になっております。

それでも、「ありがとう、助かったわ!」と明るくはっきり感謝の気持ちを示すと、職場の雰囲気は悪くはなりません。
マトモじゃないときは、無理せずにそれなりの動き方で。ちょっとでもダメージが少ない道を選べたらいいなぁ、と思っています。

助けてくれる人がいることがわかったのは、「ちょっといいこと」でした。

おやつの幸せ

今週のお題「おやつ」

今日のおやつは岡埜栄泉の豆大福でした。
やわらかく、上品な甘さで、豆もしっかりしていて、すばらしいお菓子!
ただし、この手のおやつはボリュームがあるため、夕食に響いてしまうのが難しいところです。私は食事もちゃんと食べるので、結局はカロリーオーバーになってしまうのでした。

そんなこともあって、平日はおやつ抜きのことが多いのですが、いただきものがあったりすると「しょうがないなぁ(嬉)」と食べてしまいます。今日はそんな幸せな日でした。

マストドンを始めてみた感想など

このところ、マストドン関連の話題がやたらと目につくようになりました。
Twitterと何が違うんだろうかと思いつつ、とりあえす触ってみることにしましたが、まず「インスタンス」がよくわからない。あちこちのまとめ記事など読んで、「村のようなもの」「小さいTwitterかたくさんあるみたいな」といったイメージを何となくつかみました。

インスタンスの運営者は個人だったり企業だったり。大学などでは、参加者を限定したインスタンスを作っているところもあるようですね。
アカウントを作るにはメールアドレスも使うので、信用に足るかどうかの判断が必要だと思いました。で、手始めに私が選んだのはmstdn.jpです。個人運営ですが、規模か大きいし、運営者の顔が見えるので大丈夫だろうと。

使ってみた第一印象は「思ってたのと違う」でした!ローカルタイムライン(mstdn.jp登録者だけのトゥート)でさえガンガン流れてゆき、読む余裕もないほど。これはアプリを入れることで解決しましたが、流れてくる発言が下ネタだらけ…。インスタンス選びを間違えたかな?
今のところ、フォローしたい人もなかなか見つからないので、誰かと交流するというよりも、独り言をつぶやく場として使っています。Twitterのように話しかけられることがないのは、かえって気楽ではあります。

この先、使い方を変えるかもしれないし、別のインスタンスに登録するかもしれません。私にとってマストドンはまだまだ未知の世界です。